里親制度

里親制度は、さまざまな事情で家族と離れて暮らす子どもを、自分の家庭に迎え入れ、温かい愛情と正しい理解を持って養育する制度です。

里親には以下の4種類があります。

  • 養育里親 さまざまな事情により家族と暮らせない子どもを一定期間、自分の家庭で養育する里親です。
  • 専門里親 養育里親のうち、虐待、非行、障がいなどの理由により専門的な援助を必要とする子どもを養育する里親です。
  • 親族里親 実親が死亡、行方不明などにより養育できな場合に、祖父母などの親族が子どもを養育する里親です。
  • 養子縁組里親 養子縁組によって、子どもの養親となることを希望する里親です。

(出典:厚生労働省HP)

また、上記4種以外には「家庭体験事業」として「週末里親」や「季節里親」、「ホームステイ里親」など地域によって呼び方や里親認定の要否、

細かいルールは異なりますが、児童養護施設や乳児院で過ごしている子どもを夏休みや週末を利用して家庭に迎え入れる制度もあります。